【情熱】来来亭の楽しみ方【抜けません!】

お店紹介
スポンサーリンク

どうも、おくちでです。

あえて記事にする必要もないような有名ラーメンチェーン店の来来亭。よくよく考えたらこの来来亭に通う頻度は結婚して子供が生まれてもそう変わってなかったということを思い出し、自分たちの舌に合っているんだなぁと改めて実感したの記事に起こすことにしました。そうしたら気が付いた今までさんざん食べてきたものの写真をほとんどとってこなかった事。ぶっちゃけ一通りは食べているわけで好きも嫌いもしっかりと把握できているので勿体なかったなぁと思っている次第。というわけで好きなものだけでも紹介できればいいよなぁと思っています。

おくちで
おくちで

色々な種類のラーメンがありますし、店舗独自メニューなんかもあって当たり外れが割とあったりする来来亭。

妻

ぶっちゃけ店舗ごとに若干味が異なっていたりするし、注文方式やメニュー一覧にも変化があるんだよね。

自分が気に入ったお店の紹介
「お店紹介」の記事一覧です。

来来亭 天竜川店

浜松市内にある来来亭は3件あるのですが、その中でホームと呼ぶにふさわしい所がこの天竜川店。

来来亭 天竜川店 · 〒435-0016 静岡県東区和田町109−1
★★★★☆ · ラーメン屋

〒435-0016 静岡県浜松市東区和田町109−1

電話番号 053-466-5535

一番最初に来来亭に行ったのがこの天竜川店で市内は全部回りましたが一番居心地がよいですし、味が好みという事で定期的に通っています。いつも変わらぬ元気の良さとブレの少ない味の安定感が魅力です。

店内入り口にはメニュー一覧がありますが、常連ともなると基本的に注文するものがほとんど固定になるのであまり興味がなかったりします。

さて、正確な日時が不明ですが2022年の1月に来店した際に

注文方法がタッチパネル式になっていました。これは天竜川点だけな感じで同市内にある浜北店には導入されていませんでした。人との関わり合いをとか色々ありますが、タッチパネル式の方が楽ですし来来亭によくある注文途中に「餃定!!」とか叫ばないのでこれはかなり好感触の部分です。

タッチパネルも扱い方は簡単ですし、ラーメンのこだわりもこちらで指定ができるので間違いもなく安心して待っていられるという利点もあります。余分な会話を極力避けたいという方にはうってつけのものですね。券売機も悪くはないのですが、席でゆっくりと選べるという点においてはタッチパネルの方が良いです。

スポンサーリンク

普通のラーメン

ラーメンの種類はいくつかあるのですが、まずはスタンダードの醤油ラーメンからご紹介。

ラーメンのこだわりはこんな具合で選ぶことが出来ます。基本的にはこの中で選ぶのですが、割と融通の利く店舗なので口頭で伝えるともっと細かな注文を受けてくれるところもあります。ここがチェーン店なのに自由度が高くて気に入っている部分です。

こちらはラーメン大盛り、麺固め、葱多め、脂多め、チャーシュートロ、味濃いめの私がよく注文するこだわりの組み合わせです。気分的に味を普通にしたりチャーシューは普通にしたりと変更はしますが葱多めと脂多めは固定です。こってりとした背油のコクと旨味をスープが受け止めて、細麺がそのハーモニーをまとわせて口に運ぶことが出来ます。一味が入っているので若干辛みを感じる方がいるかもしれませんのでその場合には一味抜きで注文をするとよいかなと思います。

味変でおろしにんにくを入れたり、お酢を入れて調整したりと好き放題出来るのも来来亭の魅力でもあります。

私は仕事の都合的な問題があってランチタイム以外には外食できないのでいつもランチの恩恵を受けることが出来るので

ライスは大盛りにして今回はアジフライ定食にしました。上にあるタルタルソースはタッチパネルで追加注文(もちろん無料)で持ってきてくれますので欲しい方は遠慮なく頼むとよいです。

スポンサーリンク

旨辛麺の魅力

来来亭というと外せないメニューがあるのですが、それが旨辛麺。読んで字のごとく旨いのだけど辛いラーメンです。これもタッチパネルでの注文が出来るのですが、普通のラーメンと違う部分がありまして

こだわりの指定が辛さしかできないです。まぁその他ご要望で若干の変更ができるのでこうしてほしいという所があれば伝えるとよいです。この辛さ的なものはタッチパネルになってからわかりやすくなったのですが、元々は

  • ノーマル(背油なし プッコチ入り)4辛
  • 背油あり プッコチ(青唐辛子)入り 3辛
  • 背油なし 2辛
  • 背油あり 1辛い

となっていて、初めてだからノーマルでと頼むと実は一番辛いものが来たりしてエライ目を見ます。タッチパネルになってこれがわかりやすくなったので初めての方は1辛から試してみると良いかなと思います。

そして来たのがコレ。この状態は3辛です。背油入りのプッコチ入りが一番辛さとうまさを感じることが出来ると私は思っています。ベースは味噌となっていて普通の味噌ラーメンも若干辛い赤みそラーメンもあるので辛いものが苦手だけど味噌ラーメンが食べたいという方はそちらをお勧めしておきます。

なお美味しいですが、食べ慣れていても辛いものは辛いです。特にプッコチ入りにすると口の周りがひりひりしたり、翌日トイレに行くと痛い思いをしたりとそれなりに弊害はあるわけですがそれ以上にこの辛旨いがたまらないんですよね。毎回食べるわけではないのですがある一定の期間を空けると食べたくなります。辛みを抑える味玉も甘めの味付けになっていて、定食にすればご飯などで辛さを紛らわすこともできますし、卓上の梅干しで凌ぐこともできますから楽しみ方は無限大です。

ちなみにこの時は

今回は牛レバー唐揚げ定食ご飯大盛りです。牛レバーのサクッと軽い食感と風味が食欲をそそります。ご飯やキャベツは辛くてたまらない時に取っておくと良いかなと個人的には思っています。

好きだからこそできる完飲。ちなみに割とお腹の具合が危険になる場合があるのであまりお勧めはしません。今回は妻も旨辛麵の3辛、チャーハン定食で注文でした。2人そろって汗をかいてしっかりと完食。いつ食べても変わらないこの味が大好きです。

スポンサーリンク

その他のメニュー

基本的にはラーメンが主になるのであまりサイドメニューには興味がなかったりしますが、定食のセットになっているものを簡単にご紹介。

チャーハンは色が濃い目で味も濃いめ。

アジフライ定食のアジフライ。来来亭の揚げ物はいつでも揚げたてで提供です。

牛レバーの唐揚げ定食。レバーが苦手な方でも安心して食べられる美味しさです。ただあまり頼んでいる人は見かけなかったりします。

ラーメンといったらやはり餃子。餃子定食ご飯大盛り。ただ餃子自体は浜松人には若干物足りなさを感じるところがあります。

ガッツリB定食。チャーハンと唐揚げのセットです。

豚キムチ定食のセット。豚キムチは辛甘いという感じの味。好みは分かれるかなという所です。

こちらはまぜそばRです。ニンニクの有無が選べましてなかなか美味しいです。ただ生の玉ねぎが割と主張が強くて苦手な方だと辛いかも。いつまでも玉ねぎの味が口の中に残ります。玉ねぎの有無が選べるとなお良いかなという具合。

天津飯ミニ。ラーメンとのセットで600円なのですが、大盛りも可能となっています。醤油餡がとても美味しくて甘酢ではない本格中華の天津飯。妻が好きで毎回のように食べています。

こちらはカレーラーメンチーズトッピング。チーズは天竜川店オリジナルとのことですが、他の店舗で注文をしたことがないので何とも言えないところ。カレーラーメンというと日清のカップヌードルカレーが一番美味しい不動のチャンピオンとなっている中でこれもなかなかのお味。ただ生の玉ねぎの主張がやはり強く、カレーに沈めて軽く熱を入れても食後しばらくは玉ねぎ感が残ります。これも玉ねぎの有無が選べると良いかなという具合。(口頭で伝えれば抜いてもらえると思います。)

こってりラーメン大盛りのハリガネ、脂多め、葱多めのミンチカツ定食です。久しぶりのこってりラーメンは美味しいのですが、とても脂っぽく年齢を感じさせるのでもうこってりは頼まないかなという具合。ミンチカツも揚げたてサクサクですがこちらも脂が強めですね。おっさんにはきつい定食のセットです。

おくちで
おくちで

また徐々に追記していきますのでお楽しみに!

自分が気に入ったお店の紹介
「お店紹介」の記事一覧です。

タイトルとURLをコピーしました