【蘇募ロウ】なんでここに先生が!?6巻の感想 背後霊の猪川先生!

なんでここに先生が!?6巻の表紙 漫画感想
スポンサーリンク

どうも、おくちでです。

アニメの感想がメインになっているので、漫画の感想がなかなかかけていません。早く書いておかないとなんここも7巻が出てしまいますので、しっかりと読んで大事な部分を自分なりにまとめてみました。参考になれば幸いです。

そういえば19年春アニメは不作といわれていますけど、某所で「ヤンマガの下品なやつ」が面白いというお話を目にしました、間違いなくなんここの事だろうと思っています。でも実際面白いですし、アニメ化して大成功の作品になったと私は思います。

おくちで
おくちで

この6巻が2期アニメとして放送してくれるのを楽しみに待っています!

この感想記事はネタバレの宝庫です。ただし作者へのリスペクトのために単行本内の画像は一切扱いません。

5巻のあらすじ

なんここの売りである「年上の先生」というものが突然、同い年の先生という意味不明な設定として出てきたのが5巻。甘えさせてくれるような包容力がある先生ではなかったので、ぶっちゃけトーンは下がりっぱなしでした。悪いわけではなく私は好きな設定ではなかったのでこんな具合の話となっています。まぁ細かいことを言ったら成り立たない話だったわけですけど、それでも無理があるであろうお話でした。

6巻の主役は渡辺君と猪川先生

今回は5巻と違い年齢設定を戻してきまして、18歳高校3年生の渡辺渉君。先生は24歳の猪川泉先生です。そういえば今更ながらに気が付いたんですけど男子生徒の苗字って1巻から日本で多い名字の順番にしているんですね。

  1. 佐藤一郎
  2. 鈴木凛
  3. 高橋隆
  4. 田中甲
  5. 伊藤依人
  6. 渡辺渉

って具合に。下の名前も適当な感じがグッド!変に印象付けないので自分に置き換えて楽しめるようになっているのだと思います。たぶん。これが正しいなら7巻は山本君になるんだろうね。よくわからんけど。

おくちで
おくちで

逆に先生の名前はどういう基準で決めているのだろうか?その辺りは蘇募ロウ先生に直接教えてもらわないとわからない部分かな?

さて、今回の主人公の渡辺君はバイトに勤しんで学校は不登校気味の生徒です。その担任である猪川先生が何とか渡辺君に学校に来てもらって、良い思い出を残して卒業してほしいと考え行動を起こしていきます。先生側からのアクションが多い感じですね。なお渡辺君がバイトしているコンビニの先輩には1巻の主人公の佐藤君がおりまして久々の登場となっています。こういうさりげないところにささやかな喜びを感じます。

対して相方の猪川先生は見た目からしてちょっとオカルトチックな陰キャな先生。これまであったあだ名も「背後霊の猪川」と少し酷い感じ。まぁ突然生徒の後ろに立ってプライベートなことを行ってくるわけですからあながち間違いでもないですけどね。どうやって調べてきたんだろうか?ちなみに一言でいうと黒い服を着た貞子みたいな感じの先生です。可愛いですけどね。

スポンサーリンク

細かい事はいいんだよの精神

松田さん

なんここを語る上で確実に念頭に置いておくこととして、設定のおかしさや有り得ないシチュエーションの構図に注文を付けるのはナンセンスです。当然6巻も同じような展開がありまして、言ったらきりがないからというお話が満載。

特に54時限目のMODEL(も~出る)という修学旅行へ渡辺君を無理やり連れて行くお話が強烈。修学旅行に行かない渡辺君を自家用車で迎えに行った猪川先生と車で修学旅行先の北海道へ行くのですけど、車で行くという発想はもちろんの事そこで繰り広げられるおかしいでしょ?と思う出来事の連続。しかしそれがなんここです。

サブタイトルの中学生男子が考えたようなパロディタイトルも結構好き。蘇募ロウ先生は男心をわかっていると断言できる部分ですね。

さて、この猪川先生。年の離れた弟がいます。24歳で幼稚園の弟がいるって、どんだけご両親が頑張ったのだろうか?と思う部分もあったり、もしかしたら複雑な家庭なのでは?と思ったりといらん詮索がはかどってしまいます。展開的に本当に年の離れた弟なだけなのだと思いますけど、1巻の佐藤君の妹同様に何かしらお話に絡んでくる部分があります。

こういう無邪気な子供の行動をこんな展開に繋げてしまうのもあれなんですけど、そういう日常にこそエロは潜んでいるわけでいつどこで出会うかわからないからこそラッキースケベは世界中どんな時代も受けてきているのです。

妻

お前本当に何言ってるんだ?

名前は出てこないけど誰かはわかる所

どう見ても出席日数が足りてなさそうな渡辺君ですけど、何とか卒業はできます。そして卒業後の進路は就職となりますが、こんな休みがちな生徒を雇う所はありません。しかしここでなんここ読者ならニヤリとしてしまう一コマがあります。

就職先に困った渡辺君が佐藤君に相談すると

佐藤「後輩に社長やっているから紹介するよ」という心強い一言。この後輩は2巻の主人公である鈴木君。親の仕事をついて今は社長になっているはずです。名前は出てこないですけどこうやって過去の登場人物の現状も把握できるのは良いところですね。

おくちで
おくちで

高橋君とか田中君はどんな感じで今後登場してきてくれるのかも楽しみなところです。

巻末の放課後書き下ろし漫画は渡辺君と猪川先生が付き合う直前のお話。やってる内容は付き合っていても早々やることでない事なんですけど、2人としては4月1日になるまではきちんとしておきたいという感じが見えて面白いです。

スポンサーリンク

7巻も期待!

まず7巻ですけど、現時点で6月20日発売です!

この7巻には限定版があり、アニメで見えなかった部分(乳首等)が全て見える完全版のDVDが付属する豪華セットとなっています。私も欲しいんですけどkindle版じゃないと物がかさばるので残念ながら見送り状態。もしkindle版にも同じような限定版があるのなら喜んで即買いです!

この限定版、一時amazonでの予約もいっぱいになりまして現在(5月22日)に在庫が何とか復活したほどの人気商品となっています。各書店でも予約はできますけど、いつまで手に入るのかはわかりませんので気になる方はお早めにご予約ください!

おくちで
おくちで

大事なことなのでもう一度言いますが、完全版なので乳首が見えるって事ですよ!

大事なことなのでもう一度リンクを用意しておきますね!

なんここ7巻の感想はこちらから↓

なんここアニメの感想はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました