【アニメ】なんでここに先生が!?通常ver2話感想 児嶋先生と庭で水遊び!たゆたゆverへの期待が高まるばかり

卒業してから なんでここに先生が!?
画像は公式サイトから拝借しました
スポンサーリンク

どうも、おくちでです。

前日に期待をしまくっていた「なんここたゆたゆver」が、ちょっと物足りない表現になっていたのはとても残念なお話ですけど、アニメ2話にはストーリーとしての期待をしたいと思っています。見えないわけですけど、その先を想像したほうがもっと楽しめるのではないか?と個人的に思っているわけです。

おくちで
おくちで

まだ未成年の頃、黒く塗りつぶされた個所やモザイクの先を見たいと思っていた時の方が楽しめたじゃないですか。

妻

お前は本当に何を言っているんだ?

ネタバレを大量に含みますのでまだ知りたくないよーという方はここでタブを閉じておいてください。

アニメ1話の感想はこちらから↓

2時限目 甘宿り コインランドリー

原作漫画で言う所の5話に該当するのですが、原作4話と前後を逆にして先に放送をしています。突然の夕立の中、近くにあったコインランドリーで雨宿りをしようと立ち寄ったそこにはすでに児嶋先生が!濡れて下着がスケスケの姿で!

コインランドリーに先生が!?

画像は公式サイトより拝借しました

なんでここに先生が!?

というスタートからのオープニング。私はオンタイムの時間午前1:30は確実に睡眠の時間なので、朝5時半くらいに起きてみているのですけど結構よかったです。

おくちで
おくちで

彼らは夕立ですけど私は朝ですから!

妻

お願いだから子供達が寝ているからといってリビングで見るのはやめて

雨に濡れてしまった児嶋先生の服を洗濯と乾燥をさせる間に自分のYシャツを着せるという、男なら一度は憧れる姿をしてくれる児嶋先生。雷は苦手という事で佐藤君に抱き着き、これは着たなと思うわけですが、停電で真っ暗に。もちろん乾燥機も止まってしまうので児嶋先生のシャツは乾きません。

本来ならこのまま復旧を待つのですが、なぜかブレーカーを戻そうと肩車をして復旧することになります。不自然じゃないかって?

松田さん

細かいことを言ったらなんここは成立しませんからこれでいいんですよ。山なし落ちなし意味なし、これぞエロ漫画の真骨頂。

児嶋先生

画像は公式サイトから拝借しました

最初は児嶋先生を肩車で持ち上げるのですが、佐藤君のYシャツに下着だけですから色々と感じる部分がありますよね。もちろんそのままうまく上がるわけもなく、乳を揉んだりしてしまいますがここでも「こら」のシールと黒板が大活躍します。さすがは通常verといったところ。しかしこの隠されている面積が黒板の場合かなり広いことから、もしこれがたゆたゆverでなくなったら、乳首は見えるのではないかと思うわけです。

前日に投稿をした、たゆたゆ1話の感想では記事を通常と分ける必要はないと判断しましたが、やはり分けた方が自分的に思うことを書けそうなので分けることにこの瞬間決めました。それくらいにこのコインランドリーでの出来事は見えない先が気になる所でした。

おくちで
おくちで

Abemaの無料視聴をするのもあれだからdアニメでも普通に契約しようかなと思っています。他のアニメも見られるようになりますしね。

スポンサーリンク

2時限目 鳳梨汁 母の実家にて

原作漫画では4話のお話ですけど、コインランドリーの後に移動しています。

鳳梨汁とは「パイナップルジュース」のことを指しているわけで、甘酸っぱい二人の関係がここから深まっていくという隠語みたいなものだと思っています。このお話は佐藤君と児嶋先生のエピソードの中では1,2を争うほどのお気に入りのお話です。

たまたま夏休みに母親の実家に帰った佐藤君。間違いなくそこは母親の実家ですが

母の実家に先生が!?

画像は公式サイトから拝借しました

なんでここに先生が!?

と、年の離れた妹と遊んでいる児嶋先生がいるではないですか。

実は児嶋先生と佐藤君のお母さんは同郷であり、先輩後輩の間柄。昔から仲の良かった2人だったんですね。そうとは知らない佐藤君ですけど、妹をあやそうとする児嶋先生がまた可愛いんですよ。学校で生徒たちから鬼の児嶋なんて呼ばれているのが嘘みたいに。

しかし、子供にはあまり好かれないようでして妹は大泣き。実の妹という事もありますけど、佐藤君にはとてもよくなついており面倒見も良いです。それを見ながら先生は実家の両親から言われた小言を佐藤君に愚痴るのですが、妙齢の女性にありがちな「早く結婚しろ、孫産め」というお決まりの話。

そうは言われても、児嶋先生にも理想があるわけで条件の合う男性がなかなかいないわけですよ。理想が高いんでしょ?と佐藤君に茶化されますけど

  1. 年下で
  2. 面倒見がよく
  3. 子供に好かれている

この3つだけって事です。おや?目の前にぴったりの条件の殿方がいらっしゃいますね。先生もそれに気が付いて赤面、佐藤君も自分のことではないかと思って顔を赤らめるのはとても初々しくてこちらもニヤニヤしてしまいます。

庭で水遊び

そんなわけで、照れ隠しに庭で水遊びでもしましょうと提案しますと実家に帰って学生時代の水着を着てくる児嶋先生。大胆なビキニに目のやりどころに困る佐藤君。

妹はようやく児嶋先生にもなついてきて、泣かなくなるのですがそうなると子供ならではのいたずらをしたくなるわけです。

おくちで
おくちで

ビキニですからね!

おくちで
おくちで

紐を引っ張りたくなりますよね!

おくちで
おくちで

誰だってそう思いますよね!

そんなわけで、ビキニの紐を解かれて胸を晒してしまう児嶋先生。

しかし通常verですから我々視聴者には「こら」と書かれた黒板しか見えません。

この黒板、今回は異様に出番が多くシールとのコラボも異様なまでに回数が多いので、もしかするとたゆたゆverでは念願の乳首が拝めるかもしれません。もしかしたら黒板がなくなってもシールがあるのかもしれないですけど。

おくちで
おくちで

いや、そんなことはないだろう。

妻

どんな自信だよ。

この水遊び、最後には先生と佐藤君がキスをして妹は先生の胸に吸い付いてしまうというスペシャルな結末が待っていますけど、是非ともこれは視聴してニヤニヤしてもらいたいです。言葉でいうのは簡単ですけど見た者にしかわからない喜びがあります。

卒業してから

画像は公式サイトから拝借しました

夜になり佐藤君のお母さんに息子との縁談をほのめかされたり、昼間を思い出して赤面してしまうものの、教師と生徒としての一線は超えまいと考えながら夕飯が出来たことを伝えに行く児嶋先生。

しかしそこで佐藤君からかけられた言葉が

ほら…布団敷いたから早く寝ようぜ

と、まるで恋人のような言葉が。これはいったい誰に向けてなのかはアニメもしくは原作漫画を読んで確認をしてみてください!

スポンサーリンク

作者 蘇募ロウ先生のtweet

今回もオンタイムにて作者の蘇募ロウ先生のtweetがありましたのでご紹介。

放送直前にはドラゴンボールZの主題歌からのワンフレーズ。先生の年齢がより一層うかがえるtweetです。


オンタイム視聴中のtweetはこれだけ。的確に表現されているtweetです。

そういえばたゆたゆverの時はtweetされていませんでしたけど、この時もオンタイムのtweetがあればよかったなぁと思っています。

なんでここに先生が!?2話の視聴を終えて

1話は最初という事もあり、少し抑えていた感じだったのかな?という印象を受けました。しかし今回の2話では思いっきりぶつけてきてくれたといっても過言ではない内容でした。見ていてこういうので良いんだよねと思う内容です。

2話は黒板とシールの出番が多かったのですが、これは通常verですから仕方のないことです。土曜日に放送されるたゆたゆverではどこまで開示されるのかがとても楽しみになっています!

たゆたゆver2話の感想はこちらから↓

通常ver3話の感想はこちらから↓

ところで、なんここは1クール12話でやるとして、登場人物は声優さんを見る限りでは8人なので4巻まで。

1巻につき3話を割り当てると仮定すると、次回の3話で佐藤君と児嶋先生のお話は一旦終わりとなります。そうなると原作漫画でのエピソードはかなり削ることになりますけど、自分が予想している外せない話は残り2つしかないのでどれがチョイスされるかが楽しみです。


Amazonプライム会員の方は通常verは無料で視聴が可能となっています!プライム会員なら見て損はありませんからぜひ視聴してみてください!毎週日曜日25時30分に最新話が配信されます!

今回のなんでここに先生が!?2話は原作漫画1巻から

  • 4話…甘宿り
  • 5話…鳳梨汁

この2話がアニメ化されています。原作漫画ではアニメでは隠されていた大事な部分がばっちり見えますので、ぜひそちらもご確認ください!

そうそう、6月20日になんここ7巻の発売となりますけど、限定版はDVD付きとなっています。このDVDはアニメ1~4話の地上波ではやむなく放送できなかったか所を無修正で見ることが出来るとのこと。

もっとたゆたゆverでは満足できない場合がこちらをお勧めしておきます!

12月に発売予定となっているBlu-rayboxも予約受付をしています。全てを見たい場合にはやはりこちらですね。切り替えて通常verやたゆたゆver、そして完全版も見ることが出来る内容でしょう。同時に見ることが出来るのでそれぞれの良さを改めて再確認できそうです。

なんここアニメの感想はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました